記事一覧

ショパール×大人の人気ジュエリー2選!


`甘くてスイートなハイジュエリー

スイス生まれのジュエリー&腕時計ブランド『ショパール』は、150年以上にわたり感性豊かな愛のジュエリーを作り続けてきました。
熟練の技術と歴史が息づくジュエリーを手にする喜びは、今までにない高揚感をもたらせてくれます。


ハッピーハート

ストレートに愛を表現する甘いハートモチーフは気恥ずかしいという人も多いかもしれません。でも、子育てや仕事でさまざまな経験を積んで大きな愛を育んでいる女性こそ、もっと堂々とハートを身につけていいはずです。
そう手引きするのが愛を象徴する「ハッピーハート」。気品ある“ハート”をまとい、普遍的な魅力に包まれて。

〈写真左上〉ロゴTと“あえて”の合わせでカジュアルに差がつく。
〈写真右下〉華やかさはもちろん、ふんわり優しげなムードをくれるのもマザーオブパールならでは。シャープなブラックドレスに優雅で女性らしい空気を漂わせて。


ハッピーハート ウイング

何気なくて、愛らしい。トリプルハートとハッピーハートの新しい「ハート」を楽しんで

ハートモチーフをぐっとエレガントに昇華した新作の「ハッピーハート ウイング」。ハートのムービングダイヤモンドに穏やかな光沢を帯びたマザーオブパールやパヴェダイヤモンドで表現した蝶の羽が戯れるさまが、どこかいたずらでいて華やかな表情。
〈写真〉リラックス感のあるシルクブラウスの無造作な着こなしを優美に引き立てるマザーオブパーツの柔らかい光。深みのあるローズゴールドとの組み合わせが上品さに拍車をかけて。

ラルフローレン×一生ものバッグ2選


アメリカを代表する高級ブランド

“古きよきアメリカのラグジュアリーライフ”を体現するアメリカの有名ファッションブランド。アメリカントラッドの正統派として服や革小物などさまざまなアイテムを展開しています。

ラルフローレン リッキー

2005年に誕生してからも幾度のアップデートを続け、現在も“ブランドの顔”となっているロングセラー。馬具で使われるサドルバッグから着想を得た、色褪せることのないクラシカルなデザイン、そして実用的な面を兼ね備えた逸品です。
ちなみにモデル名の「リッキー」は、創業者の妻の名前から採用したもの。とても思い入れのあるバッグでもあります。

ラルフローレン The RL50

「The RL50」はブランドを代表するバッグ「リッキー」の次なる新アイコンとして、ブランド創立50周年を機に誕生。シンプルなフォルムながら、馬術・乗馬にインスパイアされたディティール、レザークラフツマンシップの作り出す最高級の質感を味わえるミニマムで優雅なバッグです。
GUCCI(グッチ)|BRAND|フィットハウス公式通販サイ
カラーはブラウン、ブラック、ネイビー、レッドの他、バリエーション豊富に展開。日本での展開サイズはミニ、ミディアムと、ひとまわり大きいラージ(パテントブラックのみの展開)の3種類。(ミニとミディアムはショルダーストラップ付き)。

エルメス×一生もの腕時計3選!


世界中の女性が憧れるハイブランドは「腕時計も安定した人気ぶり」

洗練、上質――、そんな言葉が浮かぶ憧れハイブランド『エルメス』。ムーブメントやケースにも職人の技巧がちりばめられたこだわりの時計は“名作”と呼ばれるものばかり。これからもメゾンの顔になっていくからこそ“一生もの”として永く愛せます。

エルメスのシンボリックな「Hウォッチ」。着用モデルはケース・文字盤・ストラップがブラックで統一され、シャープでクールな印象(他にも多彩なバリエーションが揃っています)。

太めのサイズ感は手首を華奢見せするのにも効果的です。もちろんエルメスらしく、多彩なカラーバリエーションを用意。

時計史の原点回帰とも言えるラウンドケースの薄型時計。正統派デザインの中に、“エルメスらしさ”を強く感じさせているのは、洗練のタイポグラフィ(字体やレイアウト)。

特別オーダーで生まれたオリジナルの数字のダイヤルは、シンプルだけではない優雅な品格が漂う。このクラシカルな可愛らしさを発揮する華奢な25mm径は、上品フェミニン派の人気アイテムです。

2019年に誕生した最新作。エルメスのコンセルヴァトワールに保管されている馬具から3年をかけて発想したというデザインは、ほとんど角のない曲線で構成され、たおやかな女性らしさに満ち溢れています。
“光”をコントロールするために考えたという流麗なラインには、ロサンゼルスとナイジェリアの文化に触れてきたデザイナーらしい前衛的な感性を垣間見えることができるでしょう。