記事一覧

ヴァンドーム青山から『オペラ座の怪人』

ヴァンドーム青山(VENDOME AOYAMA)から、新作ジュエリー「クリスティーヌコレクション(Christine Collection)」が登場する。ヴァンドーム青山本店では、2021年11月30日(火)までスペシャルイベントを開催し、新作「クリスティーヌコレクション」の限定・先行発売を行う。
パテックフィリップ スーパーコピー

ヴァンドーム青山のフラッグシップストア「ヴァンドーム青山本店」が、20周年を迎えることを記念して、特別なジュエリー「クリスティーヌコレクション」が登場。ヴァンドーム青山本店でしかゲットできない限定モデルと、ヴァンドーム青山本店でいち早く発売する先行発売モデルの2種類を用意した。

『オペラ座の怪人』着想“ローズ”のダイヤモンドジュエリー

「クリスティーヌコレクション」の着想源は、『オペラ座の怪人』のヒロイン・クリスティーヌ。輝くダイヤモンドをK18イエローゴールドとコンビネーションさせて、フラワーモチーフのピアスやネックレスをデザインした。

<ヴァンドーム青山本店先行発売>

ヴァンドーム青山本店限定モデルには、深みのあるブルー色が特徴的な「アイオライト」を、ヴァンドーム青山本店先行発売モデルには、透明感あふれる「ピンクサファイア」や「アクアマリン」を中央に施した。

バラの花のプレゼントサービスも

なお、ヴァンドーム青山本店では、スペシャルイベントとして、店内にバラを飾り「クリスティーヌコレクション」の世界観を表現。土・日・祝日には、先着で来店者にバラの花をプレゼントするサービスも実施される。

【関連記事】:1Kopiがファッション業界を案内

2022デビアス(DE BEERS)

「ダイヤモンドの永遠の輝きを追及するハイジュエラー」として名高い世界最大のダイヤモンド宝石商。

ダイヤモンドに比類なきこだわりと現代的なセンスで、世界を代表するトップジュエラーとしての存在感を放つ。最高品質・最高デザインのダイヤモンドジュエリーを取り扱っています。

デビアス1

光のダンスへと導くAriaラージ ペンダント。
0.70カラットのセンターダイヤモンドのファイヤー、ライフ、ブリリアンスを、ダイヤモンドパヴェのオープンワークでより引き立てます。計約1.94カラット。

デビアス2

常にそばにありながらも、驚異的な存在、すなわち自然を表現したStream リング。
大海に流れ込む水のパワーを彷彿とさせます。0.02カラットから0.12カラットまで丁寧に選び抜いた54石のブリリアント カットのダイヤモンドをセットし、水の創り出す驚きに満ちた感動を表現したリングです。合計約2.2カラット。

【関連記事】:オリンピック年友達へのプレゼント

ルイヴィトン×大人の人気ジュエリー2選

定番モチーフがジュエリーでも楽しめる

ハイブランド感がありながらもデイリーにフィットする『ルイヴィトン』のジュエリー。身に着けるだけで気持ちが高まるリッチな輝きが、装いを素敵に見せてくれます。


カラー ブロッサム
フランクミュラー コピー
ブランドを代表するコレクション

ルイ・ヴィトン創業者の息子、ジョルジュ・ヴィトンがデザインしたモノグラム・フラワーの誕生を祝して発売された「カラー ブロッサム」。
ネックレスやリング、ピアスなどを重ねるほどわくわくするのは、メゾンブランドのアイコンモチーフならではの魅力。


バーグ B ブロッサム

愛らしいフォルムは重ねづけも◎

丸みのあるフォルムのトップに、星形のモノグラム・フラワーモチーフが輝く「バーグ B ブロッサム」。ピンクゴールドタイプ、イエローゴールドタイプと、ダイヤモンドのパヴェタイプの3本を重ねづけして、輝きの違いを際立たせています。

【関連記事】:北欧から届いた贈り物

ブシュロン×大人の人気ジュエリー3選!

高い技術力に加えて、斬新なデザインで高く評価

創業160周年を迎えるパリのハイジュエラー『ブシュロン』。高感度な女性たちから支持される、母らしさとカッコよさを併せもつブランドです。
“光の都”と呼ばれ、昔も今も人びとの憧れの的であり続けるパリ。そしてその美しいパリのなかで、最初にヴァンドーム広場にブティックを構えたハイジュエラー。
輝かしい街と深い絆で結ばれた“光のジュエリー”と、そのきらめく名品の数々から“光のジュエラー”と賞されます。


キャトル

それは太陽のかけらを集めたかのような光にあふれて

ブシュロンを代表するコレクション
4層からなる異素材ミックスで、手持ちのジュエリーに合わせやすい。ユニセックスなスタイルは夫婦でお揃いも。ブシュロンを代表する「キャトル」。シンプルでありながら個性を放つ4つのコードには、パリ・ヴァンドーム広場の石畳を模したクル ド パリ、ダイヤモンドセッティングなど、一連一連に意味が込められています。


セルバン ボエム

立体的にツイストされた地金の細工が印象的

優しさの裏に強さも持つ、軸のぶれない女性に選ばれてきたモチーフ…。
1968年に誕生した「セルパン ボエム」は、神秘的でフェミニンなブシュロンのアイコンコレクションのひとつ。ゴールドビーズで縁取られたドロップモチーフが印象的です。日常に楽しめる合わせやすさを持ちながら、思わず目に留まるその存在感。たおやかで、エレガントさもありながら、揺るがない意思もある、そんな女性像が浮かびます。

ヴァンドーム リズレ

洗練されたジュエリーのモデルは、メゾンの“始まりの場所”

名だたるジュエラーが並ぶパリのヴァンドーム広場。ここに最初にブティックを構えたのがブシュロン。ハイジュエリーコレクション「リズレ」を再解釈した「ヴァンドーム リズレ」は、メゾンのデザインコードの一つである建築がインスピレーション源。

広場の形である八角形を取り入れたジュエリーは、パヴェセッティングされたエメラルドカットのダイヤモンドをブラックの縁取りが引き締め、まばゆい輝きを放ちながらも、クールな印象に仕上がっています。

【関連記事】:BILLABONGオフィシャルショップが登場!